人は生涯に飲めるアルコール量が決まっている/米焼酎「和風樽出し 霧島」編

2011.09.04

「人は生涯に飲めるアルコール量が決まっている」

なんて事を耳にしたことがありますが、本当に限りがあるのであれば、
美味しいお酒に出会い、飲み続けたいものです。

以前、神楽坂に住んでいた頃からよく行く蕎麦屋があり、
蕎麦も最高に美味しいのですが、一品料理の酒の肴も気絶するぐらい酒飲みのツボを押さえています。
お酒の種類も料理に合う銘柄が、大将セレクトで厳選されています。

そこで出会ったお酒が、米焼酎「和風樽出し 霧島

 

 

宮崎県の蔵元「霧島酒造」が独自に開発した杉樽貯蔵技術で醸した米焼酎です。
1本の杉からわずかしか取れない甲付(こうつき)という部分が酒樽に優れているという事で、
霧島酒造では、この部分を使用した樽のみを使っているそうです。

そんな最高級の杉樽で醸しただけに、口元にグラスを持ってくるだけで森林の香りが広がり、
アクエリアスかポカリを飲んだかのような爽やかスッキリフレーバーで、非常に和食と合いまくりの味わいです。

しかし、意外と「和風樽出し 霧島」を置いているお店や酒屋がなかなか無く、通販で購入をしています。

最高級の杉樽といっても、特にものすごくお値段がはるものではないので、おすすめの焼酎です。
米焼酎だけなく、芋バージョンもあります。でもおすすめは絶対米!

 

 

※月1回の限定ショップへの販売らしく、売り切れていたらまた来月。

霧島和風樽出し 米25°720ml

霧島和風樽出し 米25°720ml
価格:1,695円(税込、送料別)