家庭菜園 2011年秋

6月からプランターで家庭菜園を始めました。大した量ではないけど。
毎日葉っぱの調子を見て、水をあげるのが日課となっている。
震災後、1、2日分でも家族の食糧が備蓄できればと始めた、いわゆる「備蓄菜園」なのである。

夏に植えた野菜は、ししとう、チンゲン菜、しそ、ねぎ、パセリ、きゅうり、いんげん(一本も生えず)。
7月の終わりに曇りの涼しい日が10日ほど続き、
ここぞとばかりに虫が発生し、葉っぱを喰われ、陽も出ないので弱っていった。
これが農家であればどんだけの被害なんだろう?
全然規模は違うけど、少しは大変な気持ちがわかった気がしました。

 

秋になり、新しくスティックブロッコリーなるものと、プチだいこんを植えました。
台風15号の暴風雨にも耐え、着々と成長しています。
震災前と震災後。明らかに僕らの住む世界は変わっている。
家庭菜園みたいな小さなことでも、ちょっとは危機管理の意識付けにはなっている。

 

スティックブロッコリー

スティックブロッコリー。1株で15本ほど生えるらしい。
アスパラみたいな長い茎の先にブロッコリーがなる感じ。

 

 

プランターでも育てられる小さな大根。1ヶ月弱で食べ頃になるそうです。