仕事を忘れられる時間

2012.08.19

僕は結構な無趣味人間で、早朝から一日中釣りに出かけたり、
毎週フットサルをしたり、はたまたお酒を飲むのが大好きだったり、
「これが!」ってのを持っている人がとても羨ましいです。

 

「趣味」の定義って何だろうな?って考えた時、
思いついたのは「仕事を忘れられる時間」なのかなって思いました。
その定義で言えば、趣味とは言えないかもしれないけど、
ライブに行き、大音量の中で酒を飲むってのが、
僕の中で仕事を忘れられる時間でしょうか。

 

サマーソニック2012

 

今年もサマーソニックに行ってきました。
数あるフェスの中でも非常に気に入っています。
理由は、サマーソニックのサブタイトルでもある「都市型音楽フェス」の一言につきますね。
他のフェスだと「太陽の下、大自然を!」的な楽しみ方がほとんどだと思いますが、

日本屈指のヘタレ夫婦である我々は、太陽一辺倒なところはキツいところがありまして…
サマーソニックは、幕張メッセサイドに行けば、クーラーの中でライブや出店、昼寝なんかも楽しめるわけです。
もちろん、自然や太陽の暑さを感じたければ、マリンステージ(QVCマリンスタジアム)、ビーチステージ(幕張海浜公園の浜辺)などがあります。
幕張メッセ〜QVCマリンスタジアム間は、開催期間中は常時バスが走っていて移動も楽。
まさに都市型ということで、 いろいろなシチュエーションがコンパクトに収まり、移動も楽、
尚かつ疲れてきたらクーラーの中で昼寝。
ヘタレにも非常に優しいフェスなのであります。

 

ビーチステージ
夕暮れのビーチステージ。この時間の音とビールの相性が半端ない。

 

 

折りたたみイス

3年ぐらい前から、折りたたみイスを持参。
ガッツの消耗が激しい夏フェスには、癒しのマストアイテム。 

 
 
 

で、今年のベストアクト(自分が見た範囲で)は、もちろんGREEN DAY。
19歳の頃、『Woodstock ’94』の伝説の泥投げ合戦ライブをビデオを見てから、音楽性・ファッション・言動に衝撃を受けました。
以来、幾度となく仕事で来日の機会を泣く泣く逃し、今回やっと夢の生ライブが味わえました。
僕はすでにオールドキッズで、あの頃のような衝撃は感じることは出来ないけど、
相変わらずな、音楽性、スタイル、オーディエンスへのコミュニケーションは、かなりの尊敬でした。

 

あと、毎年間違いないのは、佐世保バーガーの「牛串」。
ビールと牛串で、今年も夏フェスを堪能しました。

 

 

SUMMER SONIC 2012
2012年8月18日(土)
東京会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ