中年マラソン大会

正月明け、毎年恒例になりつつある地元のマラソン大会に参加しました。
僕は今ではすっかり文化系の匂いが板についていますが、こう見えて、
中学・高校までは校内マラソン大会で1位を取ってしまう程、体育系の輝かしい経歴があったものなのです。

 

僕が昨年この大会に出場したことを聞きつけて、
中学の時にマラソン大会で上位を争った友人3人が、次の大会(今回)で勝負をしたいと申し出てきました。
そんなこんなで、今年より「中年マラソン大会」がスタートしたわけであります。

 
まずおもしろいのは、みなさん格好だけは速そうなこと(笑)
ランニングウェアを着ちゃえば、どこぞのアスリートかってぐらい。
そしてまた、レース前のアップで軽く走ってみると、昔本気で運動をしていただけあってか、
20年経ってもやっぱり「運動をしていた人の走り方」なんですよね。
頭が動かない走り方というか、軸がブレない走り方というか。
やはり、運動神経は経験として蓄積されているんだなあと。

 

レース前、ふと思うことがあって、
体育系だった学生当時、自分はレース前のに何を思っていたんだろう?ということです。
「1位になる」「1位を期待される」って戦いは、相当な精神力が必要だったはず。
なのに、「緊張やプレッシャーを感じた」 という記憶が無い。
大学受験の初日に熱を出したり、新婚旅行でイタリアについた初日に熱を出したり、
今じゃ精神面のヘタレさは全国屈指なのですが。
当時はどんなメンタルで挑んでいたんだろう?全く思い出せない程、平常心だったんだろうか…

 

 

マラソン大会2013

 

 大会の結果は、一般5kmの部(参加:約400人)

1番:S君(50位台)
2番:M君(70位台) 
3番:自分(270位台)
※H君(インフルエンザ、むち打ち、手首の負傷で棄権)

 

 

みんな一様に言っていたのが、まだまだ記録が伸ばせる余地があること。
僕は練習不足が決定的な要因ですが、あまりにもしょっぱい結果でしたので、
これでだいぶ火がつきました。
(昨年よりは100位UPでしたが… →2012年の大会の様子

 

何か目標をたて、何か結果を出される日を迎えるって気持ちを小さいながらにでも久々に味わいました。 
とても充実しました。

 

何が充実って、やり遂げたあとのみんなとの焼肉ビールです!

 

マラソンビール