子どもから大人まで楽しめる「デザインあ展」

2月から行こう行こうとずるずる…結局、会期終了間際に。

中村勇吾氏と小山田圭吾氏の大ファンなので、「デザインあのサントラCD」とサインペンを持って挑んだのですがお会いできず。
(次の日の同時間にはいらっしゃったみたいで超残念)

 

デザインあ

 

個人的に展示で良かったと思ったものは、展示入口にあったボードの中村勇吾氏のメッセージでした。
(ぜんぜん展示物じゃなくてすみません…)
凄いかいつまんで言うと「物をよく見よう!そこに発見がある、デザインがある」みたいなことでした。

 

その後の「のぞいてみよう」のコーナーが、まさにこの事を言い当てている気がしました。
ボックスに妙な形の穴がありのぞいてみると、穴の形が何の物体の穴か正体がわかるというものです。

 

のぞいてみよう!

例えば、フライパン返しの面の部分にある穴だったり。

 

一見、なんの形かわからなかったし、これがなんの物体かを考えるのがとてもおもしろかったです。
実際に中に入っている物に対し、そんな視点から見るという考えが斬新でした。
物事を、どの視点から見て表現するかで、与える印象が全く違うものになる。
少なくともデザインに携わる者の身として、とても有り難い感覚をいただきました。

 

ちびっこにも大人気だけど、大人にも人気なのがわかる気がしました。

 

 

デザインあ

上下で本のタイトルを組み合わせて、おもしろいタイトルにしてみる。

 

 

デザインあ

最後のワークショップでは、自分なりの「あ」を表現してみる。

 

 

■展覧会のテーマ
展覧会のテーマは、「デザインマインド」。日々の生活や行動をするうえで欠かせないのが、洞察力や創造力とともに、無意識的に物事の適正を判断する身体能力です。ここでは、この両面について育まれる能力を「デザインマインド」と呼ぶことにいたします。

 

 

NHK「デザインあ」サントラCD